« 東京の風景から 30~神田明神 | トップページ | ベルリン・ドイツ・オペラ 2004/2005 »

2014年1月15日 (水)

東海道中膝栗毛

あまり読書家ではないので、一日のうちに
決まった時間、じっくり本を読むということはしない。
ごく短い時間ですることがないとちょっと本を読むという
そんなふうなので…実は、恥ずかしい話なのだけど、
小満ん師匠の「塩原多助一代記」も最近読み終えた。
発売と同時に手元にあったのだけど。面白かった。
もちろん口演の部分も落語を聞いているような印象で
すごくいいのだが、私的には、師匠の解説部分が好き。

20140115a

小満ん師匠の「覗きからくり」を読んで、神奈川宿に関して
十返舎一九の「東海道中膝栗毛」から抜粋されており、
街道風景の描写や宿場の様子など、すごく魅力的で
「東海道中膝栗毛」の実物を手に取ってみたくなり、
amazonで取り寄せてしまった。これが岩波文庫で
この辺の普通の本屋には置いていないのである。
注は豊富にあるが、江戸の原文のままなので
かなり厄介だ。でも面白い。少しずつ繰り返し読む。
まだ最初の解説で…本文にたどり着けずに苦戦中。

20140115b

するとさらに!「江戸名所図会」が欲しくなってしまった。
文庫サイズなのに結構高いのである。全六巻に分れている。
まずは第二巻を買おうかと。品川宿から横浜へという内容。

|

« 東京の風景から 30~神田明神 | トップページ | ベルリン・ドイツ・オペラ 2004/2005 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/58953005

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道中膝栗毛:

« 東京の風景から 30~神田明神 | トップページ | ベルリン・ドイツ・オペラ 2004/2005 »