« 落語につぶやき 229~雪とん | トップページ | 東京の風景から 31~湯島天神 »

2014年2月22日 (土)

黒門亭で一琴・鬼丸・志ん丸

今月は二週連続の大雪で、身動きが取れなかったので
今日は久々の黒門亭である。朝から御徒町へ向かう。
「二ツ目がトリ」の会で、ろべえさんが「藪入り」をネタ出し。
そして前に出る真打さんも一琴さんと鬼丸さんと志ん丸さんで
見事に大好きな三人が集合してくれた。これは楽しみ!

第1部 二ツ目がトリ
金原亭駒松:小町~道灌
柳家一琴:三人無筆
三遊亭鬼丸:小言幸兵衛
古今亭志ん丸:豊竹屋
柳家ろべえ:藪入り

開口一番は駒松さんの「道灌」。以前にも聞いたことがあるのだけど、
駒松さんは前半の「小町」もきちんと演じる。ご隠居さんのところには
歴史画がたくさんで…それだけでなく、三国志の孔明と仲達も登場。
この三国志の話題は珍しくて、駒松さん以外では聞いたことがない。
そこから太田道灌の「七重八重…」にいくわけで、これだけ盛りだくさんで
持ち時間の15分にしっかり収まっているのだから、不思議といえば不思議。
かなり抜いているのだろうけど、足りない感じはしないので、見事な構成力!
まずは一琴さんが登場。優しそうで…そんなふうには見えないのだが、
ご本人いわく、捻くれた性格だそうで…そんな今朝の爆笑エピソードから。
そして噺は「三人無筆」である。この噺も意外に珍しいと思うのだけど、
私は小満ん師匠でしか聞いたことがなくて、録音も持っているので、
細かいところまで覚えているのだが、一琴さんはいろいろと違っていたので
これはどうも…仕込みが別なようである。「今日は来なかったことにしておき」
というオチに関しては、内容は同じようだけど、やはり言葉が違っていたような。
同じ噺でも演者によって、仕上がりは様々なのであり、こういうところが面白さ。
だから落語は興味が尽きないのである。一琴さんはこうしたネタが尽きない!
そして鬼丸さん。面白かった。マクラも爆笑!「小言幸兵衛」も最高だった。
時事ネタというか、ソチ・オリンピックでの浅田真央ちゃんへのファンの反応、
そして森元総理の失言に話題が及ぶのであり、それは当然のことで、
また日テレのドラマで放送直後から批判が殺到した「明日、ママがいない」、
ファミリーマートのフォアグラ弁当が発売中止となった話題、クレームが出て、
結果、それを受け入れ、すぐに取りやめるという…現在の社会、企業体質。
一度はじめたことをそんなに簡単にやめていいのか!というお説教であり、
後から思うと…鬼丸さんのネチネチ小言はすでにはじまっていたのだが、
その流れで「小言幸兵衛」に入ってしまうのだから…お見事。大爆笑だ。
幸兵衛さんの一人妄想は相変わらず凄まじく…心中騒ぎで盛り上がり、
そして今回は、さらに花火職人も登場で、乱暴な口調で圧倒したところで
「どうりでポンポン言い通し」のオチである。これが聞けるとは!うれしい。
仲入り後は志ん丸さん。素人義太夫の話題になり、「豊竹屋」である。
この豊竹屋節右衛門さんの何でも即席で義太夫に仕立ててしまう…
ある程度、インチキというか、適当というか、そのいい加減さだが、
本人にとっては真剣なのであり、その辺が実に上手く表現されている…
志ん丸さんの豊かな表情と義太夫がぴったりで…すごくよかった。
一琴さんも鬼丸さんも…そして志ん丸さんも若手真打の中では大好きだ。
今日のトリはろべえさんの「藪入り」である。三年経って、初めての藪入りで
しっかりと挨拶して、その成長ぶりに驚かされる…という展開が多いのだが、
ろべえさんの亀ちゃんは、まだまだ幼さが残っており、教わってきた通りに
帰宅の挨拶をして、やっとできた!って、安堵の表情、三年目といったら
まだ十か十一の歳であり、この方が本当かもしれない。よかったのである。
「藪入り」のオチというと…主人への忠義とネズミの懸賞で「チュウ」を掛けて
「これもみんなチュウのおかげだ」というのがお馴染みだが、今日のは…
財布の中にあった十五円を「猫糞したかと思った」というような感じであった。
ペストが流行って、ネズミを捕り、それを交番へ届け、懸賞に当たるという…
現在では全く通じない内容であり、この噺もオチが変わってきているのかも。
失われた習慣で…意味は通じなくなるかもしれないけれど、それはそれで
噺のオチは、昔からのままで、伝統を受け継いでいってほしいと思うのだが、
なかなか難しい状況にあるのだろうか?どうなのだろう。変えていく方向か?

20140222

|

« 落語につぶやき 229~雪とん | トップページ | 東京の風景から 31~湯島天神 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/59181592

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭で一琴・鬼丸・志ん丸:

« 落語につぶやき 229~雪とん | トップページ | 東京の風景から 31~湯島天神 »