« 横浜の風景から 357~桜満開 | トップページ | 横浜の風景から 358 »

2014年4月 3日 (木)

小満ん語録~水売り

「水屋の富」で知られる水屋さんという商売があったのだが、
江戸の水事情については、とても簡単には説明しきれないのだけど、
小石川上水、神田上水、玉川上水…と湧水を江戸府内に引っぱって、
飲料水を確保していたのである。その水道が引かれていない地域には、
水屋さんが飲み水を運んで、売って歩いていた。その水屋とは別に
水売りという商売も存在していたそうである。上水井戸の水は温く、
夏場など、掘り抜き井戸の冷たい水は、たいへんに貴重であった。
そのよく冷えた水を売って歩いたのが水売りで、銀色の錫の器で
少し砂糖の甘みを加えるなどして、涼しさを提供していたのである。

|

« 横浜の風景から 357~桜満開 | トップページ | 横浜の風景から 358 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/59407213

この記事へのトラックバック一覧です: 小満ん語録~水売り:

« 横浜の風景から 357~桜満開 | トップページ | 横浜の風景から 358 »