« ホルヘ・ボレット 5 | トップページ | 今日の月は…月齢11.3 »

2014年4月10日 (木)

南西ドイツ放送交響楽団

シルヴァン・カンブルラン指揮南西ドイツ放送交響楽団による
ベートーヴェンの交響曲シリーズを収録順に聞いている。
今日は交響曲第5番ハ短調と第6番ヘ長調「田園」で、
第5番が2003年11月29日にフライブルクのコンツェルトハウス、
第6番が2007年1月23,24日にエッセン・フィルハーモニーで収録。
南西ドイツ放送交響楽団の音色は、ギーレンのときも同じだと思うが、
しかしカンブルランの音作りはさらにさらに明るく、輝きに満ちて、
感動的なベートーヴェンだ。かなり歯切れがよく、隅々にまで明快。
どっしりとしたドイツ的な響きではない。極めて現代的な感覚で
デジタルな仕上がりではあると思う。なんて素晴らしいのだろう!
この新しい響きに大興奮。ベートーヴェン好きにはたまらない。

GLOR GC11461

|

« ホルヘ・ボレット 5 | トップページ | 今日の月は…月齢11.3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/59447357

この記事へのトラックバック一覧です: 南西ドイツ放送交響楽団:

« ホルヘ・ボレット 5 | トップページ | 今日の月は…月齢11.3 »