« 横浜の風景から 360 | トップページ | 黒門亭で金時・丈二・小満ん »

2014年5月 2日 (金)

小満ん語録~札止め

前回の「棚卸し」での「覗きからくり (4)」より
知っておくと…きっと役立つネタである。
文政二年七月、浅草寺の四万六千日のご縁日の頃、
籠細工の一田庄七郎の見世物小屋が開場した。
札銭は三十二文で、木戸番から木札を受け取り、
木戸口で銭を払うので、札銭(ふだせん)といった。
大入り札止めとは、この木札のことだそうである。

|

« 横浜の風景から 360 | トップページ | 黒門亭で金時・丈二・小満ん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/59571342

この記事へのトラックバック一覧です: 小満ん語録~札止め:

« 横浜の風景から 360 | トップページ | 黒門亭で金時・丈二・小満ん »