« 小満ん語録~札止め | トップページ | 東京の風景から 33~台東 »

2014年5月 3日 (土)

黒門亭で金時・丈二・小満ん

今日は小満ん師匠なので…朝から黒門亭なのだけど、
四月後半の風邪がまだ抜けなくて、治っているのだが、
どうも自信がなく…必死に御徒町まで行ってきた。
こういうときに…やはり東京は遠いのである。
かなり早い時間から行列で、札止めになったそうだ。
小満んの会の常連さんも大集合で、楽しい時間。

第1部
三遊亭歌むい:たらちね
入船亭小辰:団子坂奇談
三遊亭金時:愛宕山
三遊亭丈二:唖の釣り
柳家小満ん:提灯屋

開口一番は歌むいさんで、二度目か?噺は抜群に上手くて、
登場人物にも勢いがあって、情景も元気に進むのだけど、
高座に上がる姿が暗い。嵐の中、ずぶ濡れで凍えているような。
どうもその印象が強く残ってしまう。それで損をしているような…
「たらちね」は、時間調整をしながら…きちっと翌朝のオチまで。
続いて小辰さんだが、辰じんで入門したての頃から聞いているけれど
とにかく最初から上手かったので、注目の存在であったわけだが、
実は二ツ目になってから、ずっと聞いていなかったので、久しぶりで
こういう感じになったんだ…って、じっくり聞きこんでしまった。
それも聞いたことのない噺で、驚きであり…「団子坂奇談」という。
やはり師匠の扇辰さんに似ているな…という、聞かせる噺だけど
少々怪談めいた…特に後半、気持ちの悪い展開で、夏向きである。
でもこういう噺だからこそ、墓場を掘り起こして「赤子の手をかじった」から
「未だに親の脛をかじっている」のオチは、ちょっと間が抜ける印象であり、
小辰さんの立派な高座が、オチに壊されたような気がして、私は残念。
金時さんは「愛宕山」で、久しぶりに聞いたが、今日は実によかった。
何とも口調がいい。志ん朝師匠のイメージが伝わってくるのだけど、
「愛宕山」は山登りやかわらけ投げ、飛び降りたり、竹をしならせたり、
見せる部分も重要であり、目の前に広がる情景もたいへん豊かだった。
仲入り後は丈二さんで「唖の釣り」。不思議とここ何回か、古典が続く。
新作のイメージがすっかり抜けて、でも独特の空気は楽しいのである。
特に「唖の釣り」なので、面白かった。登場人物はそれぞれ、みんな、
すごく臭い仕上がりなのだけど、それこそが丈二さんの魅力でもあり、
そしてこの噺にはぴったりだったのではないだろうか。すごくよかった。
第1部のトリは小満ん師匠。「提灯屋」をネタ出し。マクラというか、
今回の入り方は、店の暖簾や看板の話題であり、昔は店を閉めるのに
毎日、看板をしまったそうで、それで今でも…営業終了を「看板」という。
「提灯屋」は、私の中では、五代目小さんのイメージだが、でも実演では
ほとんど聞いたことがなく、落語のスタンダードというイメージながら、
不思議に珍しい。でも小満ん師匠で聞く、こうした落語らしい噺というのは、
やはり実にいいのである。もちろん楽しいし、独特の味わいがあって。
小満ん師匠の柳家ネタは、きちっと忠実に型を守っている印象だけど、
小さん師匠の雰囲気がチラッと見えてくるのが、また何とも喜びであり、
提灯屋さんがだんだん焦ってきて、明らかに後半、苛立っている姿が、
可笑しくてたまらない。町内の若い連中に提灯をいくつも取られて、
損をしている提灯屋さんに…開店の祝儀で儲けさせてやろうとしている
米屋のご隠居さんのことを親分が来た!って、思い込むところは爆笑。
チンドン屋の配っている広告をめぐって、字が読めないがために…
妄想が膨らんで、いろいろな料理が出てくるところも印象的だが、
ここは小満ん師匠のアレンジが加わっているのか?どうなのか?
ちょっと小さん師匠の録音を聞き直して、比べてみたいところである。
噺も軽いし、師匠もそれを楽しんでいるご様子で、心地よかった。

20140503

|

« 小満ん語録~札止め | トップページ | 東京の風景から 33~台東 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/59577875

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭で金時・丈二・小満ん:

« 小満ん語録~札止め | トップページ | 東京の風景から 33~台東 »