« 東海道の風景から 43~相模川 | トップページ | ケント・ナガノ 8~ベートーヴェン »

2014年6月15日 (日)

ホルヘ・ボレット 10

ホルヘ・ボレットによるリストの作品集を聞いている。
今日は超絶技巧練習曲集で、私の大好きな作品だ。
1985年3月にロンドンのセント・バーナバス教会で収録。
とにかく悠然とした演奏で、これを個性的とするとちょっと違うが、
ホルヘ・ボレットのスタイルが最も顕著に形になっていると
それはいえると思う。若手の技巧派が、ものすごい勢いで
弾き進んだ全12曲の演奏と比べ…時間にして10分ほど長い。
しかし今回も遅いという感覚はなく、それは丁寧に表情付けを行い、
細やかな部分をひとつずつ、実に豊かに色付けしているのであって、
こんなにも感動的な演奏には、そうは出会えるものではない。
ひと時代前の巨匠風な仕上がりは、いかにもアナログな方向で、
現代的ではないかもしれないが、この味わいと深い響きは、
なんとも大人の時間である。静かな印象とは対称に心は熱くなる。

DECCA 467 801-2

|

« 東海道の風景から 43~相模川 | トップページ | ケント・ナガノ 8~ベートーヴェン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/59822004

この記事へのトラックバック一覧です: ホルヘ・ボレット 10:

« 東海道の風景から 43~相模川 | トップページ | ケント・ナガノ 8~ベートーヴェン »