« ホルヘ・ボレット 11 | トップページ | 南西ドイツ放送交響楽団 »

2014年6月27日 (金)

オスロ・フィル 1999/2000

マリス・ヤンソンス指揮オスロ・フィルハーモニー管弦楽団による
ブラームスの交響曲全曲を収録順に聞いてきた。今日は…
1999/2000シーズンの演奏から交響曲第1番のライブ録音。
1999年10月21,22日にオスロ・コンサートホールで収録。
そして後半は、ヨーゼフ・ヨアヒムの「ハムレット」序曲。
2000年2月6日にオスロ・コンサートホールで収録。
発売と同時に買ったので、聞くのは十年以上の久しぶりか。
放送用ライブ録音といった仕上がりで、あまり高音質ではなく、
音の特徴として、オーケストラの響きも美しい音色とはいいがたい。
しかしそれが、かえって生々しく、この現実感はむしろ好印象か。
表面的な美しさではない、ヤンソンスの力のこもった表現、迫力、
熱いものが伝わってくる。15年経っても、ヤンソンスはそれほど、
変わっていないのではないかと思うけど、オスロ時代も実にいい。
ヨアヒムの序曲は極めて珍品だが、面白いし、演奏も素晴らしい。

SIMAX PSC1206

|

« ホルヘ・ボレット 11 | トップページ | 南西ドイツ放送交響楽団 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/59887132

この記事へのトラックバック一覧です: オスロ・フィル 1999/2000:

« ホルヘ・ボレット 11 | トップページ | 南西ドイツ放送交響楽団 »