« 落語につぶやき 239~煙草好き | トップページ | 落語につぶやき 241~大名房五郎 »

2014年6月19日 (木)

落語につぶやき 240~大名房五郎

「大名房五郎」を聞いていると岩佐又兵衛の掛軸が出てくるが、
その岩佐又兵衛という絵師だけど、荒木村重の子供だそうである。
NHK大河ドラマの「軍師官兵衛」を見ていて、少し前の回だけど、
荒木村重が有岡城から逃げ出し、信長軍の攻撃を受けて、落城。
その際に村重の妻だしは、赤子を乳母に託し、城から逃がしている。
信長の命により、荒木の一族は皆殺しとなるが、その逃げた子供が、
後の岩佐又兵衛だそうだ。母方の岩佐姓を名乗り、京都、福井、
そして江戸へと渡り歩き、慶安3年(1650)まで生きたそうである。

|

« 落語につぶやき 239~煙草好き | トップページ | 落語につぶやき 241~大名房五郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/59843253

この記事へのトラックバック一覧です: 落語につぶやき 240~大名房五郎:

« 落語につぶやき 239~煙草好き | トップページ | 落語につぶやき 241~大名房五郎 »