« 落語につぶやき 240~大名房五郎 | トップページ | 昌平童夢寄席で小ゑん・わさび »

2014年6月20日 (金)

落語につぶやき 241~大名房五郎

昨日に続いて、「大名房五郎」だが、房五郎が万屋万右衛門に
見せようとするのが、横谷宗珉の作による「牡丹の目貫」である。
ネット上でも画像が見つかって、どんなものか?わかるのだが、
その「目貫」とは、何であろう…と説明を読むと…ますます難解。
刀の柄(つか)の外にあらわれる目釘の鋲頭(びょうがしら)と
座に装飾が施され、その装飾金物のことを指すようである。
専門家に聞くならば、違うのかもしれないが、そんなところで。

|

« 落語につぶやき 240~大名房五郎 | トップページ | 昌平童夢寄席で小ゑん・わさび »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/59848566

この記事へのトラックバック一覧です: 落語につぶやき 241~大名房五郎:

« 落語につぶやき 240~大名房五郎 | トップページ | 昌平童夢寄席で小ゑん・わさび »