« ジャン・ジャック・カントロフ 1 | トップページ | 東海道中膝栗毛~旅立 »

2014年7月 2日 (水)

ホルヘ・ボレット 12

ホルヘ・ボレットによるリストの作品集で最後の一枚。
最初に独奏によるベルリーニ「ノルマ」の回想(ライブ録音)
1988年4月にモントゴメリーのキャロライン・ブラント劇場、
後半はイヴァン・フィッシャー指揮ロンドン交響楽団との協演で
死の舞踏、呪い(マレディクシオン)、ハンガリー幻想曲
1984年3月にロンドンのウォルサムストウ・アセンブリー・ホール。
「ノルマ」の回想は、演奏会ライブからの一曲だが、感動的だ。
響きの美しさとまさに大家といった芸風でスケール雄大な演奏。
あまりの素晴らしさにうっとりで…これはライブならではの魅力。
オーケストラとの共演は、実にヴィルトゥオーゾな作品だけど
力技で押さないホルヘ・ボレットらしい…何とも音楽的な表現。
鮮やかなテクニックながら、それが表面に出ることのない…
あくまでも深まりある音楽として聞かせる、偉大な名演だ。

DECCA 467 801-2

|

« ジャン・ジャック・カントロフ 1 | トップページ | 東海道中膝栗毛~旅立 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/59918446

この記事へのトラックバック一覧です: ホルヘ・ボレット 12:

« ジャン・ジャック・カントロフ 1 | トップページ | 東海道中膝栗毛~旅立 »