« ルツェルン音楽祭2013 | トップページ | 石神井公園で柳家小満ん »

2014年7月 5日 (土)

柳家小満ん「在庫棚卸し」

梅雨はまだ明けず、寒くって、雨になってしまったが、
今月もお馴染みの荒木町へ。小満ん師匠の棚卸し。
噺は夏の話題であり、まもなく晴れるだろう!期待。

柳家小満ん「在庫棚卸し」第19回
柳家小満ん:ろくろ首
柳家小満ん:猫久
柳家小満ん:種の起源

「ろくろ首」で、松公を伴って、お屋敷に上がり、
毬にじゃれる猫が登場。そしてお馴染みの「猫久」。
猫・猫…と来たので、後半、何が来るんだ!と思ったら、
「種の起源」であった。不精な親子が、黒猫に生まれ変わる。
「ろくろ首」は久しぶりだ。四年前に日本橋で演じられているけれど
そちらは行けなかったのだが、その前に黒門亭でネタ出しされて、
師匠の「ろくろ首」は大好きである。松ちゃんがなんといいのだ!
「猫久」は小満ん師匠の得意噺といってもいいのではないかと
本当に最高である。毎回書いているけれど、いわし!の一件。
この陽気で、早くイワシをさばかないと腐ってしまう…夏を感じる。
そして仲入り後は、師匠の新作で「種の起源」。四年前の関内で
聞いているのだが、今回は映画の「ノアの方舟」にちなんで、
観なきゃよかったな…という、それで珍説「種の起源」である。
サゲで、同じく、聞かなきゃよかったな…という展開だけど、
師匠の「種の起源」は面白い。聖書の創世記から、進化論、
そして宇宙論にまで至る…見事に漫談に仕上げているのだが、
自然体に師匠がお喋りを進めるので、その辺が異色といえば、
独特な印象もあり、それがまた、ファンにとってはたまらない。
明日も石神井公園に出掛けるので、簡単ながらこの辺で。
次回の「棚卸し」は8月3日(日)である。もちろん予約済!

|

« ルツェルン音楽祭2013 | トップページ | 石神井公園で柳家小満ん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/59938923

この記事へのトラックバック一覧です: 柳家小満ん「在庫棚卸し」:

« ルツェルン音楽祭2013 | トップページ | 石神井公園で柳家小満ん »