« ヴラド・ペルルミュテール 3 | トップページ | 7月20日の感想~上野の豪雨 »

2014年7月19日 (土)

黒門亭で八ゑ馬・小満ん・志ん好

今日は小満ん師匠を聞きに黒門亭へ。
今月から第2部の開演時間が変わったのだが、
以前から黒門亭で小満ん師匠のときって、
並ぶのがとにかく早くて、早めに行ったのだけど、
今日は集まりが悪く、どうも時間が読めない。

第2部
林家けい木:非常怪談
鈴々舎八ゑ馬:書割盗人
柳家小満ん:普段の袴
ダーク広和:マジック
古今亭志ん好:宿屋の富

けい木さんの「非常怪談」は二度目。しかし今回は、
野々村議員の号泣バージョン。泣きじゃくるのは、
エレベーターが止まってしまう…冒頭部分だけで、
怪談を語りはじめるとすっかり機嫌が直るのだが。
続いて、八ゑ馬さんが、「だくだく」だと思ったら、
上方の題名では、「書割盗人」というのだ。知らなかった。
私は正直なところ、上方落語は全く聞かないのだが、
でもなぜか…八ゑ馬さんのは、以前から好きである。
前座時代も関西の出身であることは知っていたのだが、
二ツ目に上がる頃、突如、上方弁を喋り出し、「時うどん」とか、
なるほど…しっくりくるな!って、感じたのだが、今日もお見事。
上方だと、血がだくだく…で、オチではなく、さらに続きがあって、
部屋の住人も泥棒もふたりそろって、死んだつもり…であり、
それで題名も「だくだく」ではないのだ。この辺、なるほど。
小満ん師匠は、夏の甘酒売り…熱い甘酒~にはじまって、
今日は何の噺だろう…って、それは夏の季節感ということだが、
御成街道の話題で上野広小路の武具屋さん、そう来れば、
これは「普段の袴」である。師匠のこの噺ははじめて聞く。
桂小勇の会の本牧亭での第一回、その最初が「普段の袴」であった。
特別な演出とかは加えていないであろうと、スタンダードだと思うのだが、
何とも味わいで、夢中になって、ファンにとってはたまらないものがある!
前半の本物のお侍とオウム返しの江戸っ子で、極端にキャラを変えて、
後半で爆笑をとる「普段の袴」もあるのだが、それもいいと思うけど、
師匠はそんなに描き分けをするでもなく、しかしハッキリと対比があって、
何か作り込みをしようというのがない…自然体な仕上がりが感動的だ。
お武家の真似をしようとする江戸っ子は、頓珍漢なことばかりをいって、
その間抜けなところがお笑いだけど、それを特別に強調しなくても
大失敗の様子は可笑しくて…さらりと軽やかに笑わせるのが小満ん流!
ダーク先生のマジックの後、今日のトリは、志ん好さんの「宿屋の富」。
この春、真打昇進で、来春の新たな十人の昇進も決まったところだが、
披露興行に関しては、やはり莫大な金がかかる…というところから、
お馴染みの大ボラ吹きで「宿屋の富」である。私は志ん好さんは、
志ん公の頃から大好きで、今日もよかったのだが、へえ!というのが、
古今亭の「宿屋の富」なのか、富興行が湯島天神なのである。
旅籠は馬喰町だし、椙森神社だと思い込んでいた。小さん師匠とか、
柳家の「宿屋の富」がそうなのかも…去年、聞いたところで
小満ん師匠も椙森神社だったし。馬喰町からすぐのところなので、
一文無しが暇を持て余して、ぶらっと歩いていく…というのでは、
椙森神社は非常にリアルな位置関係である。湯島だとちょっと遠い。
それこそ、上野の広小路を通り過ぎて、切通しの坂を上がって、
それで湯島天神の境内ということになるので、そこまで行かなくても
広小路の賑わいで、十分に暇は潰せてしまう。しかしその一方で、
よくいわれていることだが、イメージするのに椙森神社はわかりにくい。
というので、富くじの場面は湯島天神とする方向もあるのかもしれない。
噺の地名に興味がある方なので、その辺はつい色々と考えてしまう。

20140719

|

« ヴラド・ペルルミュテール 3 | トップページ | 7月20日の感想~上野の豪雨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/60011425

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭で八ゑ馬・小満ん・志ん好:

« ヴラド・ペルルミュテール 3 | トップページ | 7月20日の感想~上野の豪雨 »