« バイエルン放送交響楽団 | トップページ | ホルヘ・ボレット 15 »

2014年8月16日 (土)

ベルリン芸術週間1994

ミヒャエル・ギーレン指揮ベルリンフィルによる
マーラーの交響曲第7番ホ短調を聞いている。
1994年9月21日にベルリンのフィルハーモニーで
これはベルリン芸術週間1994におけるライブ録音。
夏の夜にマーラーの「夜の歌」である。素晴らしい。
このCDは、かなり以前から買ってあったのだが、
どこで聞こうかな…って、やはり気分は大切なので。
8月も後半になってきたが、まだまだ暑く、今しかない!
ギーレンならでの刺激的な面白さにあふれているが、
なかなかの熱い演奏で、音楽への情熱に圧倒される。
独特の何もかもを抉り出していくような手法だが、
これを聞くと…もっとクールに整えられた演奏って、
数多くあるわけで、それはライブならではの興奮か。
ギーレンって、デジタル的なイメージもあるけれど、
ここではベルリンフィルの積極性も見事である。

TESTAMENT SBT1480

|

« バイエルン放送交響楽団 | トップページ | ホルヘ・ボレット 15 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/60161396

この記事へのトラックバック一覧です: ベルリン芸術週間1994:

« バイエルン放送交響楽団 | トップページ | ホルヘ・ボレット 15 »