« ホルヘ・ボレット 15 | トップページ | バイエルン放送交響楽団 »

2014年8月18日 (月)

ヴラド・ペルルミュテール 5

ヴラド・ペルルミュテールを年代順に聞いているが、
ショパンのバラードとポロネーズ作品44、幻想ポロネーズ、
バラードは1974年1月にバーミンガムのニンバス・スタジオ、
ポロネーズは1981年3月にワイアストン・レイズで収録。
1970年代のペルルミュテールによるバラードということで、
すごく期待してしまったのだが、思った以上にスタンダードだ。
もっと大家風で趣きある感じかと思ったが、きちっとしている。
しっとりとした余韻の美しい…深みのある響きは素晴らしい。
1974年1月というのは、ソナタと同じ時期の録音ということだ。
ポロネーズは、24の前奏曲と同じときで、そちらはまた今度。

Nimbus CSM1032

|

« ホルヘ・ボレット 15 | トップページ | バイエルン放送交響楽団 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/60172089

この記事へのトラックバック一覧です: ヴラド・ペルルミュテール 5:

« ホルヘ・ボレット 15 | トップページ | バイエルン放送交響楽団 »