« 柳家小満ん「在庫棚卸し」 | トップページ | 今日の月は…中秋の名月 »

2014年9月 7日 (日)

黒門亭で木りん・小満ん・才賀

昨日に続いて、小満ん師匠を聞きに…朝から黒門亭へ。
雨は少し降っていたが、昨晩の大雨を思うと助かった。
でもまた急に寒くなって、昨日の暑さに比べ、それは驚き。

第1部
三遊亭わん丈:強情灸
林家木りん:金明竹
柳家小満ん:野ざらし
結城たかし:昭和歌謡
桂才賀:禁酒番屋

前座さんはわん丈さんとあんこさん。高座はわん丈さん。
噺は「強情灸」だけど、実際に峰の灸を据えてきたと…
横浜の円海山にある護念寺というお寺が峰の灸である。
その実体験をマクラでふって、とにかく面白かった。
会場は大爆笑。本当にお見事!圧倒的といえる。
勢いも噺作りの発想も輝きが違う。前座さんとは思えない。
その後に上がるのだから…木りんさんはたいへんだ。
マクラはグズグズな印象も。でもそういうところも持ち味か?
噺は「金明竹」で、言い立ては場面で速度を変えつつ、快調!
ご本人も言っていた与太郎のキャラ作りだけど、そちらもいい。
そして小満ん師匠だが、昨日の「支那の野ざらし」に続いて、
今日はなんと本家本元の「野ざらし」であった。うれしい。
行ってよかった。それはそれは、素晴らしい。大サービス!
軽やかで、明るくって、あの陽気な感じ、もう最高である。
後半、幇間が登場で、馬の骨のオチまで。この噺の幇間は、
最後にちょっと出てくるだけで、それほど大活躍でもないけれど、
師匠の描く幇間は絶品なので、やはりオチまで聞きたい。
そういえば…「野ざらし」は、お馴染みの釣りのマクラだけど、
こちらも師匠ならではの印象であり、すべてにおいて大満足。
大ファンなもので、ただただ絶賛なのは、どうぞお許しを。
トリは才賀師匠の「禁酒番屋」。お武家の噺なので、前半は、
いかにも硬派な感じに進めるのだけど、それが、酒が入って、
酔っぱらってくるとそれこそべろんべろんでだらしのない…
その崩れ具合は独特で、面白すぎる。でも例の小便の場面は、
やはり汚いな…というのはあって、リアルだときつい!苦笑。
それにしても一癖、二癖もある「禁酒番屋」で、楽しかった。

20140907

|

« 柳家小満ん「在庫棚卸し」 | トップページ | 今日の月は…中秋の名月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/60279088

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭で木りん・小満ん・才賀:

« 柳家小満ん「在庫棚卸し」 | トップページ | 今日の月は…中秋の名月 »