« 三平堂落語会でうん平・小燕枝 | トップページ | ヨナス・カウフマン「冬の旅」 »

2014年10月19日 (日)

ホルヘ・ボレット 17

ホルヘ・ボレットの演奏を年代順に聞いているが、
ラフマニノフ作曲のショパンの主題による変奏曲 作品22、
1986年1月にロンドンの聖バルナバス教会で収録。
同じくラフマニノフの前奏曲を5曲、メロディ 作品3-3、
クライスラーの愛の悲しみ、愛の喜びをラフマニノフ編曲で
1987年1月にウォルサムストウ・タウン・ホールでの演奏。
コレルリの主題による変奏曲が有名だが、もう一方の変奏曲で
ショパンの主題による変奏曲はさらに面白く、革新的な作品だ。
主題はショパンの前奏曲作品28-20だけど、変奏へと進むと
全く原型をとどめない…どう聞いてもラフマニノフの世界であり、
非常に興味深くて、通好みの渋さもある。ボレットの演奏は、
しなやかで力みのない、流れるような展開で、これぞまさに
ロマンティックな音色…独特である。後半の小品も楽しめた。

DECCA 0289 480 7363 4

|

« 三平堂落語会でうん平・小燕枝 | トップページ | ヨナス・カウフマン「冬の旅」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/60512712

この記事へのトラックバック一覧です: ホルヘ・ボレット 17:

« 三平堂落語会でうん平・小燕枝 | トップページ | ヨナス・カウフマン「冬の旅」 »