« 東京の風景から 48~柳通り | トップページ | ホルヘ・ボレット 17 »

2014年10月18日 (土)

三平堂落語会でうん平・小燕枝

黒門亭の後、軽くお昼を食べて、ゆっくり根岸へ。
三平堂落語会に小燕枝師匠を聞きに行ってきた。

林家あんこ:初天神
林家はな平:一分茶番
林家うん平:味噌蔵
柳亭小燕枝:らくだ

前座さんはあんこさん。今回で聞くのは二度目である。
女性の噺家さんはたくさんいるが、共通の雰囲気ってあるけれど
あんこさんはその中でもいいかもしれない。あとは迫力と図々しさ。
知らないクスグリのある「初天神」だったが、しん平師匠のだそうだ。
はな平さんが「一分茶番」。「権助芝居」という別名もあるけれど、
お馴染みの噺ながら、私はあんまり聞いたことがなくて、うれしい。
寄席サイズではなく、今日のがおそらく本寸法なのではないかと。
はな平さんの権助がよかったのだ。お店の奉公人で飯炊きの権助。
ここでは田舎芝居に出ていたという…何とも剽軽者に仕上がっている。
少々顔芸も入っており、イメージ的には志村けんの変なおじさん。
「権助提灯」とか「権助魚」など、他の噺にも合うのかわからないが、
でもここでの権助は、実に魅力的な人物だった。高い調子がいい。
続いて、うん平さんの「味噌蔵」。冬の噺であり、もうこういう季節か。
うん平さんは、久しぶりに聞いたけれど、少し落ち着いてきた印象?
もっともっと…もっと枯れて欲しいな。芸風が変わってしまうか?
時間も経って、こちらの耳も変わっているし、すると発見がある。
仲入り後は、小燕枝師匠で本寸法の「らくだ」である。50分程か。
小燕枝師匠がお目当てだったのだけど、本当に素晴らしかった。
何ともうっとりである。そんなに激しい口調ではないし、穏やかで
ゆったりとした時間の流れだが、やはり「らくだ」だと迫力がある。
前半、らくだの兄貴分という人が恐くて、まさに脅しが利くのだが、
それが、屑屋さんが酔っぱらってくると、輪をかけて恐いのである。
三杯の酒を飲むうちに、ガラッと人が変わらないといけないのだが、
その変化の様子はもちろんのこと、絶品である。とにかく釘づけだ。
落合の焼き場にらくだの死骸を運ぶ…後半も聞けたのだが、
オチは「冷でもいいからもう一杯」ではなく、火の中に投げ込まれて、
願人坊主が暴れ出す…それで「死人がかんかんのうを踊ってる」
というものだった。らくだの死骸で「かんかんのうを踊らせる」が、
噺の展開で重要な役割をしているわけだから、サゲにおいても
それが活きてくる…というのは、これはいい。このオチはいい!
今日は聞けてよかった。宝物の「らくだ」である。幸せな一日。

|

« 東京の風景から 48~柳通り | トップページ | ホルヘ・ボレット 17 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/60509335

この記事へのトラックバック一覧です: 三平堂落語会でうん平・小燕枝:

« 東京の風景から 48~柳通り | トップページ | ホルヘ・ボレット 17 »