« 10月25日の感想 | トップページ | 圓生百席 「札所の霊験(下)」 »

2014年10月26日 (日)

圓生百席 「札所の霊験(上)」

圓生百席から「札所の霊験」を聞いている。
今日はその(上)で、場所は根津遊郭における
水司又市が、増田屋の小増に手痛く振られる。
又市の上役で中根善之進が小増の真夫なわけで
愚弄したために又市の闇討ちにあって、殺される。
中根善之進という人は、ここだけに登場であっけない。
後半は、藤屋七兵衛の噺になり、小増を身請け。
小増と客の噺ではあるのだが、又市と七兵衛という
二つの物語が同時に進行していく…圓朝ならではで、
これが(下)で一つになるのだが、この続きは明日。

|

« 10月25日の感想 | トップページ | 圓生百席 「札所の霊験(下)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/60548830

この記事へのトラックバック一覧です: 圓生百席 「札所の霊験(上)」:

« 10月25日の感想 | トップページ | 圓生百席 「札所の霊験(下)」 »