« 圓生百席 「双蝶々(下)」 | トップページ | ジャン・ジャック・カントロフ 2 »

2014年10月23日 (木)

三ツ境の由来

今日のタウンニュースに書いてあったのだが、
1962年の町界町名地番整理事業に伴って
戸塚区阿久和町の一部が変更されることとなり、
「三ツ境」という地名が新設されたそうである。
その後、1969年の行政区再編成においては、
戸塚区から横浜市瀬谷区へと編入された。
「三ツ境」という町名の由来については、
二俣川村、都岡村川井分、中川村阿久和分と
三村の境を意味するという説があるらしい。
ということは、現在の三ツ境駅周辺で笹野台は、
その頃には都岡村川井分だったということか。
中川村については、現在の泉区岡津町に
役場があったそうで、泉区桂坂にある
中川地区センターに地名が残っている。

|

« 圓生百席 「双蝶々(下)」 | トップページ | ジャン・ジャック・カントロフ 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/60530962

この記事へのトラックバック一覧です: 三ツ境の由来:

« 圓生百席 「双蝶々(下)」 | トップページ | ジャン・ジャック・カントロフ 2 »