« 12月11日の感想 | トップページ | ウィーン芸術週間1967 »

2014年12月12日 (金)

マウリツィオ・ポリーニ

ポリーニの最新盤でベートーヴェンのピアノ・ソナタ集。
第16番から第18番の作品31と第19番、第20番の作品49。
2013年6月、2014年6月にミュンヘンのヘルクレスザールで収録。
1975年にはじまったベートーヴェンのピアノ・ソナタ録音であるが、
39年の月日を経て、今回の演奏で、ついに全集が完成した。
1997年の「ワルトシュタイン」、そして前回の作品22(第11番)、
そして今回の「テンペスト」は、再録音で二種類の演奏が存在する。
近年のポリーニのベートーヴェンは、異常にテンポ設定が速い。
ここでも、これまで聞いたことのないような急速なスピード感覚で、
しかしそれが、非常に滑らかで、角の取れた表情を生み出しており、
ポリーニの現在を感じては、非常に満足である。響きが何より美しい。
とにかく速いので、細かいパッセージのディテールは聞き取りにくい…
そうした傾向になりつつあるのだが、ポリーニの演奏は基本的に
スッキリとして、よりシンプルに明瞭なので、相変わらず気持ちがいい。
「テンペスト」は1988年の名盤があり、私の大好きな演奏だが、
今回はずっと抑制が利いて、音楽の流れがさらに自然になって、
何とも素晴らしいのである。もちろん枯れている印象もあるけれど、
ポリーニのずっと力が抜けて、ますます透明な境地は魅力的だ。
全集完成までの長い道のりが、話題性となっているところがあるが、
実際に近年の演奏は、大きく解釈に変化が見られるのであり、
常に進化し続けるポリーニであるから、完成を終わりにしないで
この先もどんどんと再録音を続けてほしいところである。

DG 00289 479 4325

|

« 12月11日の感想 | トップページ | ウィーン芸術週間1967 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/60800199

この記事へのトラックバック一覧です: マウリツィオ・ポリーニ:

« 12月11日の感想 | トップページ | ウィーン芸術週間1967 »