« 落語につぶやき 258~幾代餅 | トップページ | イスラエルフィル 2009/2010 »

2015年1月15日 (木)

イスラエルフィル 2009/2010

今年ももう半月過ぎてしまったが、最初の一枚は、
ルドルフ・ブッフビンダーによるブラームスのピアノ協奏曲。
今日は第1番で、明日は第2番とアンコールを聞きたいと思う。
イスラエルフィルとのライブ録音で、指揮はズービン・メータ。
2009年10月13,14,16,17日にテル・アヴィヴでライブ収録。
ブッフビンダーは素晴らしい。速めのテンポで気合いの入った演奏。
迷いがないというか、強い意志で真っ直ぐに突き進む感じがあり、
澱みなく、ためて聞かせるということのない…キッパリとした演奏。
豪快な部分もあって、隅から隅まで力強く逞しいブラームスである。
ブッフビンダーの解釈に合わせて…ということなのだろうけど、
メータの指揮もこの上なくシンフォニックで、とにかくカッコいい。
今日のメータならば、もう少し巨匠風な音色を想像するけれど、
この演奏では、若々しい表情が新鮮だし、流麗な表現が鮮やか。

helicon 02-9636

|

« 落語につぶやき 258~幾代餅 | トップページ | イスラエルフィル 2009/2010 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/60980643

この記事へのトラックバック一覧です: イスラエルフィル 2009/2010:

« 落語につぶやき 258~幾代餅 | トップページ | イスラエルフィル 2009/2010 »