« ネルソン・フレイレ 4 | トップページ | らくだ亭 一朝・志ん輔 »

2015年2月23日 (月)

パヴェル・ハース四重奏団 2

チェコのパヴェル・ハース四重奏団の演奏を聞いている。
ヤナーチェクの弦楽四重奏曲 第1番「クロイツェル・ソナタ」
パヴェル・ハースの弦楽四重奏曲 第1番と第3番
2007年6月1,2,29,30日、7月30日にプラハで収録。
高度な機能性で音楽を緻密に鋭く、表現し尽くしているが、
大好きなヤナーチェクはもちろんのこと、ハースの作品が、
何とも素晴らしくて、夢中になって聞いてしまった。感動。
ヤナーチェクの第1番が1923年の作品で、それに対して、
ハースの第1番が1920年と同時期であり、第3番は
少し後で1938年の作品だ。第3番の第3楽章(終楽章)が、
変奏曲とフーガの形式で書かれており、これが実に面白い。
1941年にナチスによって強制収容所に送られる少し前である。

CDR852

|

« ネルソン・フレイレ 4 | トップページ | らくだ亭 一朝・志ん輔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/61186141

この記事へのトラックバック一覧です: パヴェル・ハース四重奏団 2:

« ネルソン・フレイレ 4 | トップページ | らくだ亭 一朝・志ん輔 »