« ダニエル・バレンボイム 20 | トップページ | フィルハーモニア管弦楽団 »

2015年2月 5日 (木)

ネルソン・フレイレ 2

ネルソン・フレイレの70歳を記念してのライブ録音集。
若き日の協奏曲の演奏だが、年代順に聞いている。
今日はチャイコフスキーのピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調
クルト・マズア指揮フランス放送フィルハーモニーと協演。
1969年2月18日にパリのフランス放送104スタジオで収録。
ネルソン・フレイレの快調で鮮やかなピアノが素晴らしい。
クルト・マズアも気合いが入っており、オーケストラの音は、
ちょっとひと時代昔的な印象もあるのだが、迫力である。
ネルソン・フレイレのチャイコフスキーは1968年の録音もあり、
そちらはルドルフ・ケンペとの協演だが、その翌年であって、
レコード発売の時期にも重なるのか…当時のフレイレの
最も得意としている作品であったのかもしれない。
ライブとはいえ、それくらいに安心の完成度である。

DECCA 478 6772

|

« ダニエル・バレンボイム 20 | トップページ | フィルハーモニア管弦楽団 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/61091072

この記事へのトラックバック一覧です: ネルソン・フレイレ 2:

« ダニエル・バレンボイム 20 | トップページ | フィルハーモニア管弦楽団 »