« 横浜の風景から 390 | トップページ | アントニオ・パッパーノ 7 »

2015年2月15日 (日)

ヴラド・ペルルミュテール 9

ヴラド・ペルルミュテールを年代順に聞いているが、
ショパンの夜想曲を抜粋して10曲が演奏されている。
作品9-3、作品15の3曲、作品27の2曲、
作品48の2曲、作品55-2、作品62-1
1984年1月28,29日にワイアストン・レイズで収録。
最近のピアニストの演奏とは少し違う…というのは、
どこか古風な印象であり、しかしこれが実に味わいで
すっかり夢中になってしまう魅力的なショパンである。
香り立つような深みのある音色で、しっかりとした響き。
しかしそれが重くなることはなくて、とにかく洒落ている。
これだけ素晴らしいとここで取り上げられていない
残りの曲が聞きたくなって仕方ないのだ。惜しい。

Nimbus CSM1032

|

« 横浜の風景から 390 | トップページ | アントニオ・パッパーノ 7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/61145097

この記事へのトラックバック一覧です: ヴラド・ペルルミュテール 9:

« 横浜の風景から 390 | トップページ | アントニオ・パッパーノ 7 »