« 落語につぶやき 262~品川 | トップページ | 落語につぶやき 263~未来 »

2015年2月28日 (土)

黒門亭で時蔵・春輔・圓太郎

今日は夜、日本橋でとあーる会合なので
昼から出掛けて、その前に黒門亭に行ってきた。
お目当ては小燕枝師匠だが、残念ながら休演に。
その代わりに急遽、圓太郎師匠が出演してくれた。
鈴本の高座を務めて、掛けつけて来てくれたのか。
アクシデントだけど、見事にお客を楽しませてくれる。

第2部
柳家小はぜ:真田小僧
三遊亭時松:禁酒番屋
林家時蔵:一分茶番
八光亭春輔:磯の鮑~寄席の踊り「深川」
橘家圓太郎:ねずみ

小はぜさんはますますいい。今日はちょっとかすれ声だったけど、
語り口とか、間合い、人物描写、とにかくしっかり聞かせてくれる。
最初の頃から、姿がいい!と絶賛してきたけれど、実に上手い。
今日は顔付けがすごくいいと思う。私的には好きな噺家さんばかり。
時松さんはお花見の話題で、着物の柄と色使いも桜であったので
花見の噺かな…と思ったが、もう一方のお酒の話題に入ったのである。
「禁酒番屋」で、水カステラと油徳利を持ち込むのが、小僧さんのような…
この偽り者め!棒縛りにしてくれる…と脅されて、怯えて帰ってくるところ、
かわいいのである。そこで仕返しにと小便を持って行くのは、上の者で
迫力が増しているところは、よかったのだ。三人登場の酒屋の若い者で、
その描き分けに気付いたのは、今回がはじめてなので、これは興味深い。
時蔵師匠は、亡くなられた坂東三津五郎さんの話題から、芝居の噺で
こちらは素人芝居だが、「一分茶番」であった。飯炊きの権助が大活躍。
この噺は、私はそんなに聞いていないのだが、実は最近、大好きである。
「蛙茶番」もそうだけど、番頭さんが芝居のストーリーを説明してくれて、
舞台の情景が頭に入ったところで、権助が見事にぶち壊すという。
鎌倉山宝蔵破りの段で、権助の強烈な芝居が可笑しくて可笑しくて…
昔のお店の素人芝居って、本当にこうだったのか…わからないが、
まあ、とにかく落語では面白いのである。噺の中に芝居の客も出てきて、
いろいろ役者の噂をしたり…というのもあるので、聞いている我々も
いつの間にか、素人芝居に参加している…ということもあるのかもしれない。
仲入り後、小燕枝師匠の予定だったのだが、順番が変わって、春輔師匠。
代演として、圓太郎師匠が来られるとの案内がされて、ネタ出し「磯の鮑」。
私は「磯の鮑」は小満ん師匠で聞いていて、実は大好きな噺なのだが、
少し違っていた。小満ん師匠の方は、与太郎がはじめて女郎買いに行く。
春輔師匠は、与太郎ではなく、でもやはり、ちょっとそそっかしい人なのだが。
オチにも関連して、磯の鮑の片想いだよ!って、膝を抓るのは小満ん師匠。
春輔師匠は、背中を叩く…というのであった。吉原では、花魁が何かというと
すぐに抓るそうなので、その逆ということもあって、抓る演出もあるのでは。
女郎買いの師匠こと梅村久兵衛さん(ただの半可通)に、吉原のしきたりや
モテる方法、花魁への口説を教えてもらうのだが、それを実践するけれど、
いつもながら見事に失敗するという…この辺は落語の典型的なパターンで、
実に面白い。春輔師匠が演られるということは、正蔵一門に伝わる噺?
稲荷町の正蔵師匠の録音とか、残されているのだろうか…これは気になる!
今日のトリは、そういうことで、圓太郎師匠が急遽、登場。得した気分。
名人ネタで、左甚五郎だけど、江戸に出てきた後で、「ねずみ」であった。
圓太郎師匠は面白いし、じっくり描かれているし、これは大満足である。
ということで、16時45分に終演。御徒町から日本橋まで歩くことに。
これが意外に近かった。昭和通りで紺屋町を通って、40分ほどで到着。

20150228

|

« 落語につぶやき 262~品川 | トップページ | 落語につぶやき 263~未来 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/61213315

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭で時蔵・春輔・圓太郎:

« 落語につぶやき 262~品川 | トップページ | 落語につぶやき 263~未来 »