« ホルヘ・ボレット 20 | トップページ | 横浜の風景から 392 »

2015年3月 7日 (土)

フィルハーモニア管弦楽団

クリストフ・フォン・ドホナーニの指揮による
フィルハーモニア管弦楽団のベートーヴェンは、
交響曲第3番「英雄」と第5番の録音があり、
今日は時期の早い第5番の演奏を聞いている。
2008年4月17日にサウスバンク・センターの
ロイヤル・フェスティバル・ホールでライブ収録。
ドホナーニのベートーヴェンは、これより20年前の
クリーブランド管弦楽団との演奏でもそうであったように
スッキリとしたテンポ設定で明瞭な仕上がりだと思うのだが、
この録音では、どうも重厚な響きを強調したかったのか?
音が濁っている感じがして、残念である。もちろんそれは、
指揮者の意向というより、CD制作における方向性であろう。
しかし私としては、昔からドホナーニは大好きな指揮者なので
何か所かの違和感を除いては、感動的なベートーヴェンだ。

Signum Classics SIGCD169

|

« ホルヘ・ボレット 20 | トップページ | 横浜の風景から 392 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/61246888

この記事へのトラックバック一覧です: フィルハーモニア管弦楽団:

« ホルヘ・ボレット 20 | トップページ | 横浜の風景から 392 »