« ザルツブルク音楽祭2008 | トップページ | 柏尾川の風景から 1~藤沢 »

2015年5月16日 (土)

イルジー・ビエロフラーヴェク 2

イルジー・ビエロフラーヴェク指揮チェコフィルで
ヨゼフ・スークの弦楽セレナードと組曲「おとぎ話」。
1992年6月22,25,26日にルドルフィヌムで収録。
ビエロフラーヴェクの指揮でアスラエル交響曲を聞いたが、
その続編で、スークの作品でも親しみやすい選曲である。
弦楽セレナードは、作品6という…初期の作品であり、
1892年の作曲というから、スークが18歳のときであろうか。
ドヴォルザークに教えを受けていた頃でその影響を感じる。
「おとぎ話」は素晴らしい作品だが、聞けば聞くほどに感動。
こちらもまたドヴォルザークの音色を思わせるところがあって、
それは後期の交響詩のイメージにつながるのだが、何ともいい。
師であり、義父でもあるドヴォルザークとどうしても結び付けて
つい考えてしまうが、スークの作品を今後も聞いていきたい。

CDR869

|

« ザルツブルク音楽祭2008 | トップページ | 柏尾川の風景から 1~藤沢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/61599917

この記事へのトラックバック一覧です: イルジー・ビエロフラーヴェク 2:

« ザルツブルク音楽祭2008 | トップページ | 柏尾川の風景から 1~藤沢 »