« ヴァーツラフ・ノイマン 7 | トップページ | 落語につぶやき 268~石川五右衛門 »

2015年5月26日 (火)

バイエルン放送交響楽団

ベルナルト・ハイティンク指揮バイエルン放送交響楽団で
ブルックナーの交響曲第5番(ノヴァーク版)を聞いている。
2010年2月12日にミュンヘンのフィルハーモニーで収録。
とにかくすべてが感動的である。それは、ブルックナーの音楽に
夢中にさせる深い響きがあるわけで、これ以上のないぐらいに
ハイティンクが隙のない理想的な演奏を聞かせているのである。
中学生のとき、はじめて買った交響曲第5番のCDというのが、
やはりハイティンクの演奏だったのだ。当時の最新録音であり、
そちらはウィーンフィルとの演奏。それから20年が経った…
現在のハイティンクを聞いているのであり、偉大な名演である。
バイエルン放送交響楽団が、実に引き締まった演奏をしており、
いつも絶賛しているけれど、本当に素晴らしいオーケストラだ。

BR 900109

|

« ヴァーツラフ・ノイマン 7 | トップページ | 落語につぶやき 268~石川五右衛門 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/61650012

この記事へのトラックバック一覧です: バイエルン放送交響楽団:

« ヴァーツラフ・ノイマン 7 | トップページ | 落語につぶやき 268~石川五右衛門 »