« バイロイト音楽祭1968 | トップページ | クラウディオ・アバド 20 »

2015年6月18日 (木)

バイロイト音楽祭1968

1968年のバイロイト音楽祭からカール・ベームの指揮で
楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」を聞いている。
1968年7月25日にバイロイト祝祭劇場におけるライブ録音。
今日は第3幕の後半で、有名な歌合戦の場面である。
ずっとベーム独特の硬質な響きを聞かせてきたのだが、
ここに来て、バイロイト祝祭管弦楽団の音がしなやかに
角の取れた豊かな音色となって、その深みには圧倒された。
なんて感動的な演奏なのだろう。もちろん格調高い音作りは、
そのままで、テオ・アダムの凛としたザックスもぴったりである。
ちなみにこの1968年の記録を調べてみたら、カール・ベームは
「ニュルンベルクのマイスタージンガー」と「トリスタンとイゾルデ」を
二公演ずつ指揮しており、ロリン・マゼールが「指環」を、そして
ピエール・ブーレーズが「パルジファル」という、なんて凄い顔ぶれ。
まあ、当時はマゼールもブーレーズも若かったと思うのだけど。
これだけ素晴らしい録音が残されているのだから、他の公演も
世に出してくれないものだろうか。権利の問題や上演の完成度も
いろいろ難題も多いのだろうけど、ファンとしては、聞いてみたくて
とにかく関心は尽きないのである。しかし50年前と思うと驚きだ。

ORFEO C 753 084 L

|

« バイロイト音楽祭1968 | トップページ | クラウディオ・アバド 20 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/61761951

この記事へのトラックバック一覧です: バイロイト音楽祭1968:

« バイロイト音楽祭1968 | トップページ | クラウディオ・アバド 20 »