« 横浜の風景から 409~七サバ参り | トップページ | ギュンター・ノイホルト 4 »

2015年6月29日 (月)

ギュンター・ノイホルト 3

ギュンター・ノイホルト指揮による「ニーベルングの指環」で
今日からは楽劇「ワルキューレ」。その第1幕を聞いている。
カールスルーエ・バーデン州立歌劇場で1994-1995年の収録。
「ワルキューレ」第1幕は、「指環」前半の山場となるのだけど、
比較的爽快に駆け抜ける印象で、ここでも端正で誠実な感じ。
重さよりも力強い響きで、その堅実な進め方に好感を覚える。
とはいってもやはり後半は盛り上がって、会場の反応で
拍手も収録されているけれど、その興奮が気持ちいい。
何か特別な…暴れているところはなくて、その安定感で
落ち着きある空間を思うとライブであることを忘れさせる。
第1幕の配役には、ジークムントのエドワルド・クック、
ジークリンデのガブリエレ・マリア・ロンゲ、そして
フンディングのフローデ・オールセンが出演している。

DOCUMENTS 224056

|

« 横浜の風景から 409~七サバ参り | トップページ | ギュンター・ノイホルト 4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/61814081

この記事へのトラックバック一覧です: ギュンター・ノイホルト 3:

« 横浜の風景から 409~七サバ参り | トップページ | ギュンター・ノイホルト 4 »