« ロリン・マゼール 21 | トップページ | 6月3日の感想 »

2015年6月 2日 (火)

6月2日の感想

朝から父が出掛けたのだが、帰る時間に帰らず
夕方、小田急秦野の駅から電話が来た。
帰れなくなったので、迎えに来てほしいと。
急遽、母と車で迎えに行き、すると本当に動けない。
急ぎ横浜へ戻ってきたのだが、様子がおかしいので
かかりつけの病院の救命救急に飛び込んだ。
検査したところ、脳に血がたまっている。その圧迫で
麻痺が出ているらしい。そのまま緊急手術になってしまった。
一人で動いていたので、原因は永遠にわからないのだが、
どうも転んだときに頭を打ったのではないかと…推測だが。
夜中の2時過ぎに手術後の説明を聞いて、帰ったのは3時。
無事に済んだが、24時間、7日と経過を見ないことには、
それに回復したとしても、これまでの生活を取り戻せるか?
というのは、高齢でもあるので、難しい。いろいろなことを
覚悟しておかなければ。ついに来るべき時が来たか。

|

« ロリン・マゼール 21 | トップページ | 6月3日の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/61688485

この記事へのトラックバック一覧です: 6月2日の感想:

« ロリン・マゼール 21 | トップページ | 6月3日の感想 »