« ギュンター・ノイホルト 12 | トップページ | ギュンター・ノイホルト 14 »

2015年7月15日 (水)

ギュンター・ノイホルト 13

ギュンター・ノイホルト指揮による「ニーベルングの指環」で
楽劇「神々の黄昏」から今日は第2幕を聞いている。
カールスルーエ・バーデン州立歌劇場で1995年の収録。
第2幕の冒頭でアルベリヒのオレグ・ブリヤクは終わりだが、
この何とも不気味な情景は、実は好きである。恐ろしい緊張感。
寝ているハーゲンの枕元に立ち、指環の呪い、復讐を誓わせる。
ギュンター・ノイホルトの指揮は、基本的に速めのテンポで進み、
細部にまで冴えわたり、合唱も加わって、素晴らしい迫力だ。
大いに盛り上がった後の第5場で、ブリュンヒルデ、グンター、
ハーゲンの三人が繰り広げる駆け引きの場面は感動的!
ブリュンヒルデは、ハーゲンの策謀にはまり、ジークフリートの
背中にある弱点を喋ってしまう。何という上手い展開だ。

DOCUMENTS 224056

|

« ギュンター・ノイホルト 12 | トップページ | ギュンター・ノイホルト 14 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/61892378

この記事へのトラックバック一覧です: ギュンター・ノイホルト 13:

« ギュンター・ノイホルト 12 | トップページ | ギュンター・ノイホルト 14 »