« クリスティアン・ゲルハーヘル 5 | トップページ | ウォルフガング・ホルツマイアー 1 »

2015年7月28日 (火)

アルフレッド・ブレンデル 14

昨日は、クリスティアン・ゲルハーヘルによる
シューマンの歌曲集「詩人の恋」を聞いたのだが、
ディートリヒ・フィッシャー・ディースカウのCDを出してみた。
1985年の録音で、ピアノはアルフレッド・ブレンデルである。
歌曲集「詩人の恋」作品48とリーダークライス 作品39
1985年7月17-24日にベルリンで収録されている。
ブレンデルのピアノに聞き惚れてしまう。感動の名盤だ。
いかにもブレンデルという音色で、演奏解釈も独特だが、
強い個性を放っているようで、歌曲のピアノパートの枠は、
決して超えない。香り出すような豊かな表現でありながら、
音楽はこの上なく引き締まって、硬質な一面も併せもつ。
フィッシャー・ディースカウの歌は、この1980年代になると
ずいぶん柔らかい歌声になっているが、早口はますますで
このかなりの速めのテンポが、歌が要求したものなのか、
ピアノが設定したものなのか…流れるような展開である。

PHILIPS 416 352-2

|

« クリスティアン・ゲルハーヘル 5 | トップページ | ウォルフガング・ホルツマイアー 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/61976205

この記事へのトラックバック一覧です: アルフレッド・ブレンデル 14:

« クリスティアン・ゲルハーヘル 5 | トップページ | ウォルフガング・ホルツマイアー 1 »