« ジャック・ルヴィエ 5 | トップページ | アンドレ・プレヴィン 10 »

2015年7月18日 (土)

ホルヘ・ボレット 21

ホルヘ・ボレットの演奏を年代順に聞いているが、
今日はドビュッシーの前奏曲集。16曲が選ばれている。
デルフィの舞姫(第1巻より)、ヴィーノの門(第2巻より)、
雪の上の足跡、パックの踊り、とだえたセレナード、
野を渡る風(第1巻より)、ヒースの茂る荒地、
風変わりなラヴィーヌ将軍、カノープ(第2巻より)、
西風の見たもの、亜麻色の髪の乙女、ミンストレル、
沈める寺(第1巻より)、水の精、月の光がふりそそぐテラス、
花火(第2巻より)。1988年9月にサンフランシスコで収録。
モノトーンな色彩ながら、微妙な光の戯れが輝きを放っており、
こんなにも美しい表現があるのかとハッとする瞬間ばかりである。
ピアノの音色を丁寧にコントロールして、細部にまで耳を傾け、
優しさと愛情に満ちた音楽は、ニュアンスも極めて豊かで、
まさに大家の芸風。これは感動的だ。格調高い洗練の極み、
同時に親しみやすさも兼ね備えて、本当に名ピアニストである。

DECCA 0289 480 7363 4

|

« ジャック・ルヴィエ 5 | トップページ | アンドレ・プレヴィン 10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/61910564

この記事へのトラックバック一覧です: ホルヘ・ボレット 21:

« ジャック・ルヴィエ 5 | トップページ | アンドレ・プレヴィン 10 »