« ギュンター・ノイホルト 14 | トップページ | ホルヘ・ボレット 21 »

2015年7月17日 (金)

ジャック・ルヴィエ 5

このところ、ずっとワーグナーを聞いていて、少し熱を冷まそうと
今日は癒しのフランス室内楽を聞いている。ジャック・ルヴィエのピアノ、
ジャン・ジャック・カントロフのヴァイオリン、フィリップ・ミュレルのチェロ、
というトリオで、ドビュッシー、ラヴェル、フォーレのピアノ三重奏曲。
1985年10月20,21日と1987年9月27,28日にライデンで収録。
パリ音楽院時代の若き日のドビュッシーによるピアノ三重奏曲は、
ずっと幻の作品であったようだが、1986年に初めて出版されて、
この録音が1987年ということだから、当時は発見であったろうし、
私もこれが最初ではないかと…他で聞いたことってあっただろうか。
ラヴェルのピアノ三重奏曲は大好きなのだけど、素晴らしい演奏。
ジャック・ルヴィエのピアノは最高だし、弦の二人も何ともいい音色。
そしてフォーレである。室内楽をたくさん残したが、ピアノ三重奏曲は
少々地味な印象もあるのだけど、後期の作品で聞けば聞くほどに感動。
やはり私は、ドビュッシー、ラヴェル、フォーレというとたまらなく好きだ。

DENON COCO-70853

|

« ギュンター・ノイホルト 14 | トップページ | ホルヘ・ボレット 21 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/61904132

この記事へのトラックバック一覧です: ジャック・ルヴィエ 5:

« ギュンター・ノイホルト 14 | トップページ | ホルヘ・ボレット 21 »