« 8月3日の感想 | トップページ | 8月5日の感想 »

2015年8月 4日 (火)

カラヤンの1960年代 13

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリンフィルによる
オネゲルの交響曲第2番と第3番「典礼風」
そしてストラヴィンスキーの弦楽のための協奏曲
交響曲第2番とストラヴィンスキーの協奏曲は、
1969年8月の夏のサンモリッツにおける録音。
交響曲第3番は、1969年9月にベルリンで収録。
これらの演奏は、以前からダウンロードした音源で、
お気に入りで聞いていたのだが、あまりに素晴らしいので
改めてCDを手に入れた。この時期のカラヤンは充実の極み、
恐るべき集中力と緊張感で圧倒的な説得力による演奏である。
オネゲルの交響曲は素晴らしいな…って思いつつ、他では、
デュトワとヤンソンスぐらいでしか聞いたことがないので、
詳しくはないけれど、カラヤンの音はやはり重厚な気もするが、
それ以上にこの力強さに感動して、色彩も輝きも最高だ!
でも考えてみるとこの交響曲「典礼風」が1946年の作品であり、
第二次世界大戦への鎮魂の想いが込められているのだろうけど、
録音されたのが1969年だから、いま以上に新しい作品という
そうした意識が演奏者にも聞き手にも当時はあったのであろう。
それにカラヤンが取り組んだというところに特別なものを感じる。

DG 447 435-2

|

« 8月3日の感想 | トップページ | 8月5日の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/62020101

この記事へのトラックバック一覧です: カラヤンの1960年代 13:

« 8月3日の感想 | トップページ | 8月5日の感想 »