« 圓朝速記~真景累ヶ淵(八) | トップページ | クラウディオ・アバド 22 »

2015年8月27日 (木)

ラサール四重奏団 7

ラサール四重奏団でブラームスの弦楽四重奏曲を
収録順に聞いてきた。今日は第2番 イ短調 作品51-2
1979年12月にハンブルクのフリードリヒ・エーベルトハレで収録。
ブラームスの弦楽四重奏曲はブラームスなのだけど、それが…
キッパリというか、これが絶対だ!という確信に満ちた演奏で
その辺がやはりラサール四重奏団である。本当に素晴らしい。
切れ味の鋭さなど、あまりにカッコよすぎて、鮮やかで明解。
久しぶりに聞いているが、私は好きで、やはり決定盤だと思う。
ラサール四重奏団で全三曲を聞き終えたが、ふと思ったのが
アルバン・ベルク四重奏団のこれまた名演が聞きたくなった。

DG 437 128-2

|

« 圓朝速記~真景累ヶ淵(八) | トップページ | クラウディオ・アバド 22 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/62168815

この記事へのトラックバック一覧です: ラサール四重奏団 7:

« 圓朝速記~真景累ヶ淵(八) | トップページ | クラウディオ・アバド 22 »