« ノートの最初の日 | トップページ | カラヤンの1960年代 13 »

2015年8月 3日 (月)

8月3日の感想

ものすごく眠い。疲れ果ててしまった。
こういう感じなので、寝付きはいいのだが、
夜明け頃、目が覚めてくるともう眠れない。
いろいろと考え込んで、悩んでしまう。
入院中の父のことである。心配とかではなくて、
事態はもっと深刻であり、これから父は
どうやって生きていったらいいのか?

医師というのは、治療が上手くいかないと
逃げることばかりを考えて、言い訳しかしない。
医者って、何だ?医療って、何だ?
何で医者になったのだ?人の命を救いたい…とか、
苦しんでいる人を助けてあげたい…とか、
怪我や病気を治してあげたい…って、
そういう思いがあったから、医師になる道を
選んだのではないのか?志したのではないのか?
そんな青臭いこと、バカバカしいから書くな!って、
言われてしまう?くだらない?医療の限界を感じる。
現実とは、本当に悲惨なものであり、助けてくれない。

|

« ノートの最初の日 | トップページ | カラヤンの1960年代 13 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/62013531

この記事へのトラックバック一覧です: 8月3日の感想:

« ノートの最初の日 | トップページ | カラヤンの1960年代 13 »