« 今日の月は…中秋の名月 | トップページ | フランクフルト歌劇場2013 »

2015年9月28日 (月)

フランクフルト歌劇場2013

ベルトラン・ド・ビリー指揮フランクフルト歌劇場による
ワーグナーの歌劇「ローエングリン」を聞いていきたい。
2013年3,4月にフランクフルト歌劇場におけるライブ録音。
今日はその第1幕である。ゆったりとした音楽はよく鳴って、
実に豊かな音色であり、同時にしなやかさと滑らかさと…
ベルトラン・ド・ビリーの音作りは、独特の心地よさがある。
ワーグナーはどのくらい指揮しているのか…わからないが、
「ローエングリン」はよさそうだなというイメージもあったし、
実際に聞いてみるとたいへんに素晴らしくて、魅力的だ。
ハインリヒ王はファルク・シュトラックマンで大注目である。
前半活躍は、テルラムントのロバート・ヘイウォードであり、
エルザはカミュラ・ニュルンド。そして白鳥と現れる騎士、
ローエングリンがミヒャエル・ケーニヒ。これからが楽しみ。

OEHMS OC946

|

« 今日の月は…中秋の名月 | トップページ | フランクフルト歌劇場2013 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/62372757

この記事へのトラックバック一覧です: フランクフルト歌劇場2013:

« 今日の月は…中秋の名月 | トップページ | フランクフルト歌劇場2013 »