« 圓朝速記~真景累ヶ淵(十一) | トップページ | クラウディオ・アバド 23 »

2015年9月22日 (火)

バイエルン放送交響楽団

マリス・ヤンソンス指揮バイエルン放送交響楽団による
R.シュトラウスを聞いている。交響詩「ドン・ファン」が、
2014年2月24-28日にミュンヘンのヘルクレスザール、
交響詩「英雄の生涯」が、2011年3月14-18日に
ガスタイクのミュンヘン・フィルハーモニーでライブ収録。
素晴らしい演奏だ。ヤンソンスのR.シュトラウスは、
いろいろと聞いてきたが、ますます音の扱いが丁寧になり、
じっくりと歌いこまれて、もちろん引き締まった響きは健在、
バランス感覚にも優れて、間違いなく最高の名演だ。
「ドン・ファン」も魅力的なのだが、「英雄の生涯」を聞くと
ヤンソンスが頂点に上り詰めたな!って、その充実感は
圧倒的なものがある。かつて聞いたことのない上質さ。
細部にまでヤンソンスの指示も徹底しているのだろうけど、
それにしてもバイエルン放送交響楽団があまりに上手くて、
聞き惚れてしまう。なんて深みのある…そして自在な響き。

BR 900127

|

« 圓朝速記~真景累ヶ淵(十一) | トップページ | クラウディオ・アバド 23 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/62333172

この記事へのトラックバック一覧です: バイエルン放送交響楽団:

« 圓朝速記~真景累ヶ淵(十一) | トップページ | クラウディオ・アバド 23 »