« ウォルフガング・ホルツマイアー 4 | トップページ | 東海道を歩く 鶴見~神奈川 »

2015年9月20日 (日)

黒門亭で金朝・志ん丸・馬の助

また久しぶりの落語になってしまったけれど、
黒門亭の第1部を聞こうと朝から御徒町へ。
お目当ては、志ん丸さんと馬の助師匠。

第1部
春風亭朝太郎:金明竹
三遊亭日るね:星野屋
三遊亭金朝:目黒のさんま
古今亭志ん丸:きゃいのう
金原亭馬の助:幾代餅

前座さんは朝太郎さんで、今日は後輩の百んがさんの指導係。
開口一番は朝太郎さんの「金明竹」だが、第2部は百んがさん?
道具七品の口上が鮮やかに決まって、かなりの高速だけど
きちんと道具の種類が聞き取れて、しっかり入っているな!と。
覚えた通りに…というのではなくて、道具が見えているのでは?
日るねさんが、いつ化けるのか!というのは注目なのだが、
自分の落語のスタイルが、固まってきているという印象も。
お妾さんを中心に登場人物のキャラを作って、きちんとメリハリ、
このお妾さんから見た噺の構成というのも「星野屋」という噺は
独特である。「夢の酒」などでも聞けるのだが、女性目線が可能。
金朝さんが、江戸時代の身分の違い(士農工商)のマクラから
浮世離れした殿様の小噺にはじまり、これは「目黒のさんま」だ。
ちょうど旬の季節だけど、秋を感じる。秋の空が印象的である。
この季節感って意外と短くて、聞き逃してしまうことも多いのだが、
今年は「目黒のさんま」を聞くことができた。楽しいし、心地よい。
私は志ん橋一門が大好きで、志ん丸さんもずっとファンなのだが、
今回は「きゃいのう」であった。この噺は、芝居小屋の様子を伝える…
貴重な噺だと思うのだが、それほど面白いところもないのだけれど、
志ん丸さんは場面を豊かに描き出して、実によかったのである。
でも割り台詞で「ゆきゃいのう」から「きゃいのう」って、やはり変な噺。
相撲取りが余興で使った巨大な鬘(かつら)で、隙間を埋めるのに
落花生の殻を詰めて、そこに煙草の火が紛れ込む…なんという
鬘から煙が上がって、台詞が出てこない…なんて、無理な噺だ!
今日のトリは、馬の助師匠で、古今亭の定番!「幾代餅」である。
搗き米屋の職人で清蔵さんが、落語でもこの上ない純粋な人だが、
馬の助師匠のキラキラとした目の輝きが、イメージにぴったりで
その目の先には、錦絵の幾代大夫がいて、そして後半では、
実際に幾代大夫が目の前にいて、正直な思いを伝えるのであり、
その真剣な眼差しに幾代が心動かされる…というのがよくわかる。
「幾代餅」という噺は、演じ手が作り過ぎるとわざとらしくなってしまい、
演じるにも正直に…その人柄が表れて、自然体であってほしいのだ。
という日曜日の14時で、午後は毎度の東海道歩きに出掛けた!

20150920

|

« ウォルフガング・ホルツマイアー 4 | トップページ | 東海道を歩く 鶴見~神奈川 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/62321143

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭で金朝・志ん丸・馬の助:

« ウォルフガング・ホルツマイアー 4 | トップページ | 東海道を歩く 鶴見~神奈川 »