« 9月24日の感想~勧工場 | トップページ | 横浜の風景から 411 »

2015年9月25日 (金)

マリインスキー劇場管弦楽団

ヴァレリー・ゲルギエフの指揮によるマリインスキー劇場管弦楽団、
デニス・マツーエフの独奏で、ラフマニノフのピアノ協奏曲第1番、
ストラヴィンスキーのカプリッチョ、シチェドリンのピアノ協奏曲第2番、
ラフマニノフは2014年11月16日、ストラヴィンスキーとシチェドリンは
2015年4月6,7日にマリインスキー劇場コンサートホールで収録。
マツーエフのピアノに今回も感動する!硬質な響きは独特だけど、
ロマンティックな表現は美しい表情を生み出して、とにかく最高だ。
ラフマニノフは1917年版という表記があるけれど、作曲者による
後の改定版であり、通常はこのスコアによって演奏されている。
逆に初稿による演奏って、存在するのだろうか。聞いてみたいかも。
ストラヴィンスキーとシチェドリンは、ずっとモダンな作風になるけれど
音の勢いが全く違って、その大胆な躍動はたまらない。シチェドリンは
今回はじめて聞いてみたけれど、これは面白い!私は好きである。
1966年の作品だそうで、これぞアヴァンギャルドな響きに大興奮。
しかし何といっても…やはりラフマニノフは魅力的だ。名演である。

MARIINSKY MAR0587

|

« 9月24日の感想~勧工場 | トップページ | 横浜の風景から 411 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/62353158

この記事へのトラックバック一覧です: マリインスキー劇場管弦楽団:

« 9月24日の感想~勧工場 | トップページ | 横浜の風景から 411 »