« 圓朝速記~真景累ヶ淵(十) | トップページ | 横浜の風景から 410 »

2015年9月10日 (木)

マリインスキー劇場管弦楽団

ヴァレリー・ゲルギエフの指揮によるマリインスキー劇場管弦楽団、
デニス・マツーエフの独奏で、ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番、
そしてパガニーニの主題による狂詩曲 作品43を聞いている。
2009年2月15-20日にマリインスキー劇場コンサートホールで収録。
マツーエフのピアノに感動!シンプルに美しく、しなやかに聞かせるのと
独特の鋼鉄のような響き、ロシアの硬質な力強さに圧倒されるところと
その表現幅の広がりには、驚かされた。あまりにも素晴らしいピアノに
夢中になってしまうのだが、ゲルギエフもまたラフマニノフの音楽を
ロマンティックに歌い上げて、とにかく名演である。お気に入りだ。
このピアノ協奏曲第3番って、大好きなのだけど、何度聞いてもいい。
その上を行く傑作がパガニーニの主題による狂詩曲で緻密な作品。

MARIINSKY MAR0505

|

« 圓朝速記~真景累ヶ淵(十) | トップページ | 横浜の風景から 410 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/62256832

この記事へのトラックバック一覧です: マリインスキー劇場管弦楽団:

« 圓朝速記~真景累ヶ淵(十) | トップページ | 横浜の風景から 410 »