« 引地川の風景から 7 | トップページ | 大師道を歩く 2~川崎大師 »

2015年10月25日 (日)

大師道を歩く 1

快晴の日曜日、大師道を歩いてきた。
京急川崎を出発して、しばらく東海道を歩き、
六郷の渡しから川崎大師を目指して大師道へ。
江戸時代、大師詣りをする人は多かったそうだが、
東海道を西に来て、六郷の渡しで川崎に入り、
大師道を歩いて、川崎大師に参拝したのである。
今日はそのイメージで六郷大橋がスタート地点。

20151025a1

20151025a2

20151025a3

六郷の渡しである。対岸は東京都。
何度来ても気持ちのいい場所だ。

20151025b1

20151025b2

川崎区大師駅前2丁目の若宮八幡宮。

20151025b3

若宮八幡宮の境内で大師河原酒合戦の記念碑。
「水鳥記」にある慶安二年(1649)の酒合戦で
三日三晩、酒飲みの強さを競ったという史実。
水鳥とは、水=さんずい、鳥=酉で、酒のこと。

同じく若宮八幡宮の境内にある金山神社。
こちらは「金摩羅(かなまら)様」と呼ばれているそうで、
子孫繁栄や安産祈願、縁結びで有名な神社。

20151025b4

20151025b5

女性用の張形にも似ているけれど
実際に跨ると御利益があるらしい。
子宝に恵まれるということか。

20151025b6

子孫繁栄を願うものだが、どうも
逞しく、力強く機能を発揮したい!という
男性の願いが込められているような気がして…

|

« 引地川の風景から 7 | トップページ | 大師道を歩く 2~川崎大師 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/62550150

この記事へのトラックバック一覧です: 大師道を歩く 1:

« 引地川の風景から 7 | トップページ | 大師道を歩く 2~川崎大師 »