« 大師道を歩く 2~川崎大師 | トップページ | 鶴見線に乗る 浜川崎~国道 »

2015年10月25日 (日)

大師道を歩く 3

20151015f

川崎区田町2丁目の田町稲荷神社。
京急大師線の終点で小島新田駅の近くで
新田というので、多摩川河口の干拓地であろう。
小島六郎左衛門の新田開発により小島新田。

20151015g1

川崎区日ノ出2丁目の厳島神社。

20151015g2

厳島神社の境内にある庚申塔。
庚申塔の幟が立っているのだが、
見た目は謎の前衛彫刻のようで、
しかしよく見ると青面金剛にも見える。
川崎市の情報を読むと「塩で溶けた」とあり、
この二基の庚申塔は古いものらしい。

20151015h

川崎区塩浜2丁目の塩浜神明神社。
境内には塩釜神社もあり、塩浜という
地名も残っているけれど、江戸時代には
幕府の政策により塩田開発が行われ、
この地で塩が作られていたようである。

20151015i

川崎区四谷上町の四谷義田稲荷神社。
作徳銭(年貢を納めた残り)を運用し、
その利益で、さらなる新田開発を進め、
そうした田畑は「義田(ぎでん)」と呼ばれたそうだ。

20151015j

川崎区池上新町の汐留稲荷神社。
この地は池上家によって開墾されたので
「池上新田」と呼ばれたそうである。
北の小島新田、南の池上新田だ。

|

« 大師道を歩く 2~川崎大師 | トップページ | 鶴見線に乗る 浜川崎~国道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/62552590

この記事へのトラックバック一覧です: 大師道を歩く 3:

« 大師道を歩く 2~川崎大師 | トップページ | 鶴見線に乗る 浜川崎~国道 »