« 今日の月は…月齢8.1 | トップページ | リッカルド・ムーティ 6 »

2015年10月22日 (木)

圓朝速記~真景累ヶ淵(十五)

ここからが有名な「豊志賀」の場面である。
つまりは新吉が登場して、物語も本格的に展開。
冒頭に「前回よりは十九年経ちまして」とある。
新五郎が御縄になって、十九年の月日が流れ、
後でわかることだが、兄は小塚原で処刑された。

男嫌いで堅い豊志賀のところへ新吉が手伝いに
そのうち二階に食客(いそうろう)するようになるが、
その年十一月二十日の晩、雨がどっと吹き付け、
豊志賀も新吉もちっとも寝付かれず…寒さ凌ぎに
脊中合(せなかあわせ)、同衾(ひとつね)をしたが、
「決して男女同衾はするものでございません」

|

« 今日の月は…月齢8.1 | トップページ | リッカルド・ムーティ 6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/62530282

この記事へのトラックバック一覧です: 圓朝速記~真景累ヶ淵(十五):

« 今日の月は…月齢8.1 | トップページ | リッカルド・ムーティ 6 »