« ロンドン交響楽団 | トップページ | 11月1日の感想 »

2015年10月31日 (土)

黒門亭で粋歌・百栄・丈二・小ゑん

小ゑん師匠を聞きに黒門亭に行ってきた。
10月最後の土曜日は、新作落語の会。
新作で人気の噺家さんが大集合で大入りだ。
早々に札止めになって、でもこれは予想通り。

第2部 新作落語合戦
春風亭百んが:都々逸親子
三遊亭粋歌:すぶや
春風亭百栄:バイオレンススコ
三遊亭丈二:大発生
柳家小ゑん:悲しみのぐつぐつ

前座さんは百栄さんのお弟子さんで百んがさんだが、
マクラから面白すぎる。不思議な雰囲気を醸し出して、
女子高生の会話を再現しているのだが、どう聞いても
男同士の話にしか聞こえない!という。いい味出している!
噺は「都々逸親子」だが、これは古典の演目といえるのか?
演者が増えた新作に分類されるのか?仕上がりは新作に近く、
今日の会には、ぴったりである。でも都々逸を扱っている点で
いかにも落語っぽくて、しかし子供たちの間で、学校で都々逸が
流行っていることはないだろう!という、その不自然な設定が、
新作落語の空気を作り出しているのかも。注目の前座さんだ。
今日はすべて新作落語なので、内容は書かないことにするけれど、
粋歌さんが初恋の甘酸っぱい噺。田舎から東京へ出てくるという
そこでのギャップは、よくあるテーマなのだが、田舎から見ての
東京の恐ろしさ、純粋な人が毒されてしまう…その分析が面白い。
百栄さんの「バイオレンススコ」は定番か?ネコが主人公だけど
こちらもネコたちから見た人間世界がテーマであり、扱うのは、
キャットフードやノラネコへのエサやりだけど、面白さはやはり、
ネコに夢中になる人たちの個性豊かな話題に興味が行くのである。
仲入り後は丈二さんが「大発生」。この噺の存在は知っていたのだが、
聞いたのははじめてである。これがいい。このとんでもない発想が、
いかにも新作。ちょっとだけ書くか…書かずにはいられない。
知事!島で中村さんが大発生です。これだけでも興味惹かれる。
その光景を頭の中に思い浮かべて…面白すぎるのだ。最高!
中村さんが大発生して、浜を埋め尽くしていたら、実は恐いのだが。
「極道のバイト達」も大好きなのだけど、丈二さんの発想って素敵!
そうそう、丈二さんの着物がハロウィン柄だった。今日までの限定。
トリは小ゑん師匠の「悲しみのぐつぐつ」。誰でも知っている…
あの「ぐつぐつ」だけど、「悲しみの」が付いて、ちょっと違っていた。
おでんの「ぐつぐつ」も出てくるけれど、いや、これは別の噺である。
おでん屋さんの屋台というのが、それだけで独特のレトロ感だけど、
懐かしいような…ホッとするような…しんみりと心が暖かくなるのが、
今回の「悲しみの」である。その寂しさは、悲しいだけではなくて、
何か寄り添いたくなるような優しさにあふれている。そこが味わいだ。
「チャルメラの恋」とか、小ゑん師匠の屋台ものは、実に素晴らしい!
「ぐつぐつ」は聞いている人も多いと思うけど、そういう人たちにこそ
この「悲しみのぐつぐつ」を聞いて、小ゑんワールドを深めてほしい!

20151031

|

« ロンドン交響楽団 | トップページ | 11月1日の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/62589614

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭で粋歌・百栄・丈二・小ゑん:

« ロンドン交響楽団 | トップページ | 11月1日の感想 »