« ロンドン交響楽団 | トップページ | 11月23日の8563 »

2015年11月22日 (日)

パリ管弦楽団 2012/2013

パーヴォ・ヤルヴィ指揮パリ管弦楽団によるライブで
ラフマニノフの交響曲第3番とボヘミア・カプリッチョ、
2013年3月27,28日にパリのサル・プレイエルで収録。
ラフマニノフの交響曲第3番が私は大好きなのだが、
考えてみるとあんまり聞いていないって、貴重な機会。
アメリカ的なラフマニノフであり、夢に燃えているような
意欲に満ちた表現をより効果的に引き出して、鮮やかだ。
もっと濃厚にロシア的でもいいし、暗い仕上がりでもよく、
どちらにしても素晴らしい作品で、盛りだくさんの内容。
ここでのパーヴォ・ヤルヴィは、コントロールを効かせて、
響きも引き締まった感じに細やかだが、これはパリ風?
N響とだったらまた違った答えがあるかもしれないし、
パーヴォ・ヤルヴィの演奏は、どんな方向に向かっても
安心して聞けるのであり、それだけ説得力があるのだ。

ERATO 0825646195794

|

« ロンドン交響楽団 | トップページ | 11月23日の8563 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/62731205

この記事へのトラックバック一覧です: パリ管弦楽団 2012/2013:

« ロンドン交響楽団 | トップページ | 11月23日の8563 »