« 黒門亭で時蔵・蔵之助・小ゑん | トップページ | 横浜の風景から 421 »

2015年12月21日 (月)

ジャン・ジャック・カントロフ 4

ジャン・ジャック・カントロフとジャック・ルヴィエのデュオで
フランクとラヴェルのヴァイオリン・ソナタを聞いている。
1982年8月15,18,22日にハーレムのコンセルトヘボウで収録。
意外にあっさりとした音色で、前へ前へと流線型の表現であり、
これこそがフランス風という…センス満点の演奏なのである。
カントロフのヴァイオリンは抑制が効いて、辛口な印象もあって、
ジャック・ルヴィエも余韻よりは運動性の妙による力強い輝き。
私は中学生の頃からフランクのヴァイオリン・ソナタが大好きで、
いま聞いても何ともいえなくいいのだけど、後半のラヴェルが
またさらに粋な仕上がりであり、なんて素晴らしい演奏だ!
洒落も効いて、ジョークや皮肉もスパイス、ありとあらゆる…
多彩な可能性に挑んでいく姿勢は、音楽の本質を付いている。

DENON COCO-73126

|

« 黒門亭で時蔵・蔵之助・小ゑん | トップページ | 横浜の風景から 421 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/62914307

この記事へのトラックバック一覧です: ジャン・ジャック・カントロフ 4:

« 黒門亭で時蔵・蔵之助・小ゑん | トップページ | 横浜の風景から 421 »